法務大臣認定司法書士による安心・信頼・迅速な対応

過払い調停

  • HOME »
  • 過払い調停

過払い調停
利息制限法による法定制限金利を超えた金利で貸金業者との長期の取引をおこなうと、利息の支払いすぎとなり、その額が借入の元金を超える場合があります。この場合、大阪簡易裁判所では、貸金業者に対して過払金を支払うよう求める一般調停を利用することができます。

いまのところ、全国の簡易裁判所が大阪簡易裁判所のよ うに一般調停で過払金請求を取り扱っているとは限りませ んが、司法書士等の専門家に頼まないで過払い金を請求する場合には一般調停を利用することが現実的です。また 、書類作成に自信がなく、書類作成の部分だけを司法書士にサポートしてもらう場合には、成功報酬が発生する契約形式を取らず、書類作成のみを依頼すれば結果的に費用は安く済みます。ただ、この場合には、書類作成のみを請け負ってくれる司法書士を探すことが必要となります。詳しくは、地域の簡易裁判所及び最寄の司法書士にご確認下さい。

ただし、上記のようにお金をかけず 一般調停を本人申立でする方法では、裁判所へ本人自身が行く必要があります。 なお、当事務所では、本人による過払い調停のアシストをさせていただくことも可能です。

お問合せ TEL (06)6771-6457

2020年10月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

PAGETOP

Copyright 2020 石崎司法書士事務所. All Rights Reserved.